離婚には他にも架空の理由がありますたとえば

夫婦は研究を調査し

彼の父親や電話指輪
性的婚姻の方法は結婚を

その夜、彼はコテージの王にさせるべきです。彼にワインを与え、決して彼自身にそれをさせません。スカートやエプロン、美しい主婦を着る必要はありません。もし彼が言うなら。ケチャップはどこですか?私は一杯の水が欲しい。大声で叫ぶな。冷蔵庫では、それを自分で得る。たとえ冷蔵庫が隣にいても、すぐに起きて彼に送ってもらう必要があります。彼は一流のサービスを楽しんで、おいしい食べ物は自動的に提供され、厄介なカップは即座に消えます。平時にそれを残しておけば、ビジネスや政治について話すとき、怒っているかもしれません。

婚活生活への登竜門です

この夜、彼は自由に話してください。言葉を挿入して笑顔で聞くことはできません。彼は非常に感謝します。この方法は非常に面白く、人の覇権を擁護する少々の人だと思う人もいるかもしれませんが、実際にはうまくいきます。試みるとは思わないでください。しかし、その夜、彼はジェーン・クリフのようにして、彼が料理を洗ったり、料理をするようにしなければなりません。本当にこれらの話題に興味がないなら、この方法は夫のためだけでなく、迷路の向こう側に走るマウスのようなもので、あなたと子供のために良いものです。あなたも仕事があれば、毎日大きな圧力の下にいなければなりません。毎週の家族の夕食は、あなたに所属感を与え、家族の暖かさを感じます。瞬時に、毎週持っていれば、家族との親密さは感じられません。あなたと夫は2つの最もよく知られている見知らぬ人になるでしょう。

結婚は決して完璧な組み合わせではありません

一緒にベッドが、感情は徐々に冷却しているが、2,3日は言葉を言うことができなかった、ハイテク世界の世界で、特別な夜を手配しないでください。別々に食べていますが、この種のものはどんどん増えています。あなたに悲劇を起こさせないでください。●彼に話すように強制しないでください。女性は表現を通して自分のニーズと欲求を表現する傾向があります。男性はしばしば沈黙を選び、楽しむことが多い。ほとんどの男性が友人と会うとき、夫婦は結婚で何が起こったのかめったに言いません。話したいと思っていて、夫が沈黙している場合は、強制しないことをお勧めします。夫にチャットを強制することはおそらく楽しいことではありません。いわゆる強いツイストメロンは甘くない。いくつかの有名人やカップルは、長期間の結婚の秘密が深い対話に決して従わないということを半分冗談で言ったことがある。蒲田大田区

婚活する時はその相手

結婚していなくても、それをすることができます。もちろん、喧嘩したり、他の人を拒否したり、他人を羨むこともできます。要するに、誰もができることをすることができます。この種のガス田は完璧の追求とは関係がありません。真の結婚、真の親密さ、そして真の結びつきはしばしば混沌としており、完全ではありません。人々がもっと近づくにつれて、お互いが完璧であることを期待し始め、そうすればお互いを責める。人々はいつも夫婦の近くにいる人々を傷つけます。実際には、私たちがしなければならないことは、もっと多くの仕事をすることです。

どちらの当事者も夫婦
婚活を確実にしましょう

夫婦は素晴らしいチームを形成し

しかし指輪が結婚した後人々がエネルギーを投資する限り、接触の積極的なパワーを促進します。夫婦がお互いの世話をするために最善を尽くす限り、夫婦の過ちや失敗はこのオーラを破壊することはありません。夫婦のつながりは深まり、発展し続けます。このつながりを深めることで、より良い生活を送ることができます。何よりも役立ちますが、それは愛の信念によって決まります。諺にあるように。それを信じるかどうか、愛はとても魔法です。愛よりも報われるものは何もありません。したがって、愛のほとんどを他の半分と子供、もちろん友人やあなたにとって重要なすべての人に捧げることは、これが最も幸せで最も素晴らしい生活の秘訣です。皮肉なことに、私は他人とつながる本を書いていましたが、多くの作家のように、私が書くときには私は一人でいるのが大好きです。

夫婦に伝えれば結婚は容易ではなく

私は音楽を持っていますが、私が書いているときは、私はまだ自分の世界に完全に没頭しています。それにもかかわらず、私の本は私が一度も住んでいない人と非常に豊かで永続的な関係を築くのを助けました。白紙に目をやり、感情を見つけ出して考えてから、その言葉が出てきます。セグメント関係の始まりは別の人でもあり、感情を見つけ出し、思考し、行動を開始し、ついに成功しました。関係が発展するにつれて、私たちは一緒に活動を愛し、思い出、友人、好きな食べ物、映画や好きな気候、そして2人の人の苦しい生活を共有し始めます。私はいつも、それぞれの著者が自分自身で書くとき、彼は読者の気持ちを想像するだろうと考えています。

Tagged as: , ,